松岡しげなが のブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 北陸新幹線京都北部ルートの実現を

<<   作成日時 : 2016/08/01 15:07   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

 北陸新幹線は、京都府北部(舞鶴)ルートを通ることが最善だと考えています。
 私も誘致活動に参加しています。
 実現すれば京都までおよそ18分です。舞鶴が発展するかどうか、新幹線がカギを握っていると考えます。
 また、国全体のバランスある発展や、将来的に山陰新幹線につなげることを考えれば、舞鶴を通るルートが合理的です。ただ、今は、誘致することだけに熱を入れていますが、国や政府、与党に対しては、在来線の存続や、地元負担金の軽減なども、同時に要望をしておくべきだとも考えています。

 最近の誘致活動の動きを、写真を中心にご報告します。

 まず初めに、東京駅での写真を見ていただきたいと思います。ご存知の通り、これが北陸新幹線です。この列車が東京を出て、富山、金沢に至ります。そしていずれ京都、大阪につながります。舞鶴の子どもたちの将来のために、ぜひとも舞鶴を経由して京都を通るルートを実現すべきだと思います。
画像

   ▲北陸新幹線(始発の東京駅にて)。子どもたちが食い入るように見つめています

 北陸新幹線京都府北部(舞鶴)ルートの街頭啓発を行いました。7月28日の午前7時から8時まで、舞鶴市議会議員の有志がのぼりや横断幕を持って、市役所前に立ちました。今後毎週木曜日、ルート決定がなされるまでの間、立ち続ける計画です。
画像

   ▲誘致の街頭啓発で、私ものぼりを持って立ちました(7月28日・市役所前)

 7月30日には、決起大会に参加するため、鳥取市へ行きました。「山陰新幹線の早期実現と北陸新幹線京都府北部ルートの決定を求める決起大会」が行われたのです。主催は「山陰縦貫・超高速鉄道整備推進市町村会議」です。参加は、京都府、大阪府、兵庫県、鳥取県、島根県、山口県の各自治体、実に49市町が大会決議に賛同し、参加しました。

 また、「山陰新幹線を実現する国会議員の会」が結成されており、メンバーには安倍晋三首相や谷垣禎一幹事長、石破茂地方創生大臣、高村正彦衆議院議員、西田昌司参院議員など有力国会議員が19人、ずらりと加わっています。これほどの有力国会議員がそろえば、北陸新幹線舞鶴ルート、山陰新幹線が実現しない方がおかしい、と感じます。実現に大いに期待が持てるのではないでしょうか。
画像

   ▲「山陰新幹線を実現する国会議員の会」会長の石場茂地方創生担当大臣のあいさつ

画像

   ▲2000人収容の会場に1600人が参集した決起大会(7月30日・鳥取市の文化会館)

画像

   ▲京都大学大学院教授・内閣官房参与 藤井 聡氏の講演…地方発展に新幹線は欠かせないと力説

 鳥取市では、山陰新幹線の実現に向けて盛り上がりました。やはり新幹線誘致には、地域の熱意が重要です。地元の真剣度をを示すためにも、機会あるごとに、どうか皆さんも「北陸新幹線京都府北部(舞鶴)ルート」誘致活動にご参加いただきますようお願いいたします。
 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
北陸新幹線京都北部ルートの実現を 松岡しげなが のブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる