松岡しげなが のブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 火山大国日本

<<   作成日時 : 2016/02/07 14:36   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

 2月5日午後6時56分、桜島が爆発的噴火を起こしました。翌6日の朝刊でも報じられたところです。
 気象庁は、火山活動が活発になる恐れがあるとして、噴火警戒レベルを2から3に引き上げましたが、より大規模な噴火が起こるデータはないとしています。通常の噴火と同じ規模なので地元も落ち着いているとのことで、私もほっとしました。しかし、今回の噴火を見ただけでは今後の予想はつきませんので、経緯を慎重に見守る必要があります。
   (写真は2月6日付の京都新聞です)
画像

 実は、気になる本が私の手元にあります。石黒輝・著の『死都日本』(講談社文庫)という小説です。著者の石黒氏の本職は医師ですが、膨大で緻密なデータに基づき、巨大な火山噴火による惨事を壮大な構想力で描きました。この『死都日本』は、小松左京の『日本沈没』(1973年)以来の国民的大災害小説として永く記憶されるだろう(佳多山大地氏評)と言われています。
画像

 日本は火山大国です。「世界の陸地面積のわずか0.2%しかない国土に、世界の歴史上の大噴火の1割が集中している」と養老孟氏は言います。そして「いまの日本人はそのことをほとんど忘れ、自分が火山列島の上に住んでいるという自覚が、非常に薄い」と、著者の石黒輝氏も述べています。

 2万5千年前、鹿児島湾の丸い湾は存在しなかったそうです。富士山なら二つくらい破壊できるような、姶良火山の破局的噴火によってできた陥没に海水が入り、丸い湾になったのが現在の桜島以北の鹿児島湾だと、本書では書かれています。南九州では、阿蘇火山だけでもこの30万年間に4回も破局的噴火を起こしているそうです。また同じくこの10万年間には、じょうご型の破局的噴火を起こした火山は、古い順に阿多・鬼界・阿蘇・姶良・鬼界で、計5回に及ぶとのことです。普賢岳のあの”大”火砕流は100万㎥ですが、その昔南九州の入戸火砕流の規模は4,000億㎥だったと考えられ、ざっと40万倍の規模の大噴火で、南九州はほぼ全滅ーーと。年数などの数値はケタはずれで気が遠くなりそうですが、こういう噴火が過去にはあったのだと述べられています。このような激烈な噴火は、南九州では170万年間にわたって連綿と続いており、次の爆発は明日起こっても不思議ではないのだとも書かれています。

 たしかに、現在のように日本国土に植物が茂り、人間や動物が幸せに暮らす状態は、大噴火と大噴火に挟まれた”束の間”の平和かもしれないのです。

 いったん破局的大噴火が起こると、火山灰が地球を覆い、全世界では植物も枯れ5年で6億人が死んでしまうという試算があるそうです。巨大噴火の影響は何十年も続き、もちろん東京も即座に都市機能を失い、首都移転をせざるを得なくなるでしょう。

 そして、大噴火はついに起こるのです。巻末の『解説』で、佳多山大地氏は「時は西暦20××年、長引く不況にあえぐ日本は空前の規模の火山災害に見舞われた。九州は霧島火山帯で発生した噴火は、わずか1時間で南九州を壊滅させ、死者数は噴火後の24時間で350万人以上、被害額はおよそ2000兆円…。我が国日本が文字どおり”死都”と化す衝撃は、自然対人間と、自然対国家の二つを軸に描き出される」と表現しています。大噴火の発生に日本がどう立ち向かっていくか、リアルに説得力を持って語られています。

 さらに佳多山氏は「いやはや、火山現象に関する玄人はだしの精緻な科学的予測を背景に、とんでもないスケールで展開される物語である」と語っています。わたしも、改めて日本が火山大国であること、そしていつ起こるかもしれない火山がとてつもなく恐ろしいものであることを、痛感しました。そして、噴火が発生した場合、原発も被害を拡大する重要な要素であるということも…。

 東日本大震災以来、活動が活発化し始めた火山が各地で目立ちます。昨年9月の御嶽山噴火では、気象庁が、地震などの異変を事前に把握していたにもかかわらず、結局死者・行方不明者63人という大きな惨事となりました。火山被害を最小限に防ぐ決め手となるのは、やはりまずは国家予算で研究者を増やし、観測・研究活動を充実させることだと思います。

 『死都日本』にならないことを、今はただ祈るのみです。ぜひご一読していただきたい本として、紹介させていただきました。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
火山大国日本 松岡しげなが のブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる